備蓄A重油
メンテナンスの必要性

災害時の為に備え付けてある非常用発電機…でもいざ災害が起きた時に非常用発電機が動かない!!その原因は、備蓄しているA重油に混じっている水分やスラッジが原因となっている可能性があります。備蓄しているA重油のメンテナンスは絶対に必要となります。

こんな場合は要注意です

  • 長期間タンク内に燃料が入ったままで、燃料の劣化が気になり使用できるか不安。
  • タンク内の燃料を備蓄して10年以上経過している。
  • タンク内の燃料を補給したことや、使い切ったことがない。
  • 燃料分析や燃料の抜取り検査を実施したことがない。
  • メーカー等に指摘を受けている。

このような施設管理者様は御注意ください!

主な対象施設

  • データセンター
  • 交通機関
  • 金融機関
  • 高層マンション
  • 介護施設
  • 病院
  • 重要省庁
  • 電力施設
  • 通信関係
  • 重要品倉庫
  • テナントビル
  • 上下水道施設
  • 報道機関
  • 研究所
  • 医療関係
  • ガス施設
  • インフラ施設
大同燃料のA重油ろ過システムなら、このような課題も解決いたします。

大同燃料のA重油ろ過システムなら、このような課題も解決いたします。

  • 燃料を新しく入替えるコストが高額で費用の捻出が難しい。
  • 燃料の入替え中に災害が発生して、非常用発電機が使用出来なくなると困る。
  • 非常用発電機を止めることが出来ない。
  • タンク内の燃料を抜くことが難しい。